サプリメントの効果・選び方ガイド
TOP │ 「どのサプリメントを選べばよいのか分からない」という人のためのサプリメント選びお手伝いサイト!
TOP

ビタミンC サプリメント

ビタミンCのイメージ写真

美容から生活習慣病の予防までこなすビタミンの王様

ビタミンCの効果・効能
美肌 美白・日焼け対策 アンチエイジング 便秘 ストレス(イライラ) ニキビ 更年期障害 風邪予防 動脈硬化 高血圧 貧血 リウマチ 痛風 脳梗塞 心臓疾患 うつ病(鬱病) 癌(がん) 女性向け 男性向け 中年向け 高齢者向け
ビタミンCは肌への色素沈着を防いだり、コラーゲンの生成に関わるなど美容に良いことで有名ですが、他にもウイルスや細菌と戦う白血球の働きを強める効果があり、各種の感染症に対する抵抗力を高める効果もあります。

さらにビタミンCには、活性酸素と結合して無害化する抗酸化作用や発ガン性物質の形成を阻止し、ガンの増殖を防ぐ作用が確認されており、その効能はまさにビタミンの王様と言えます。

ビタミンCが不足すると?(欠乏症など)
1日の摂取量目安100mg
ビタミンCが不足すると「壊血病」という全身に出血が起こる病気になりますが栄養状態の良い現代では、ほとんど見られません。

ただし現代でも血管がもろくなって歯茎からの出血などを起こしたり、肌荒れやシミ・シワなど肌のトラブルの原因になります。できれば1日数回に分けて充分な補給を心掛けましょう。

ビタミンCの過剰摂取による副作用
1日の摂取量上限2000mg(アメリカ基準)
水溶性ビタミンであり、摂り過ぎても過剰摂取分は2〜3時間で体外に排出されてしまうため、基本的には心配ありません。

ただ、3000mg前後で頭痛や吐き気を起こすケースも報告されておりますので、摂り過ぎには注意が必要です。

ビタミンCが多く含まれる食品・食材
(食品100gあたりの含有量)
アセロラ 1700mg、焼きのり 210mg、味付けのり 200mg、赤ピーマン 170mg、芽キャベツ 160mg、干しのり 160mg、黄ピーマン 150mg、ゆず 150mg、パセリ 120mg、レモン 100mg

効果が望める病気・症状
壊血病、皮下出血、関節痛、リウマチ、骨粗そう症、風邪、高血圧、動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、ガン、白内障、便秘など

このサプリに注目した人はこんなサプリにも注目しています
ビタミンE 公開・摂取量・食品など
不妊治療にも用いられる代表的な抗酸化ビタミン
[ 詳細 ]
レシチン 公開・摂取量・食品など
高いダイエット効果、生活習慣病を予防する優秀な成分
[ 詳細 ]
リン 公開・摂取量・食品など
骨や歯を形成し、身体の機能を高めるミネラル
[ 詳細 ]

サプリメントの基礎知識・飲み方・注意点・サプリ事情
サプリメント カテゴリ別分類
サプリメント・美容系
美肌
美白・日焼け対策
ダイエット
アンチエイジング
バストアップ・豊胸
サプリメント・能力向上系
記憶力・集中力アップ
筋力(筋肉)アップ
視力回復
サプリメント・お悩み系
育毛・増毛・薄毛対策
口臭
体臭・加齢臭
疲れやすい・疲労回復
便秘解消
不眠(眠れない)
ストレス(イライラ)
胃腸が弱い
ニキビ(にきび)
冷え性
不妊
更年期障害
ED(勃起不全)
身長(低身長)
肥満・メタボ
サプリメント・病気対策系
風邪予防
眼精疲労
動脈硬化
高血圧
低血圧
糖尿病
肝臓疾患(肝疾患)
貧血
花粉症
アトピー
ぜんそく(気管支喘息)
リウマチ
痛風
脳梗塞
心臓疾患(心疾患)
認知症(痴呆・ボケ)
うつ病(鬱病)
癌(がん)
サプリメント・性別・年代別
女性向け
男性向け
妊婦向け
子供向け
中年向け
高齢者向け
サプリメント 人気ランキング
ビタミンB1のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
不足しがちなビタミンNo.1 心身の疲労回復に役立ちます
ビタミンB2のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
脂質の代謝に優れ、細胞の再生を促す「美容のビタミン」
ナイアシンのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
アルコールを分解し、二日酔いを予防する使えるビタミン
ファイバー(食物繊維)のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
腸内環境の改善に効果が高い第6の栄養素
ビタミンDのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
カルシウムやリンと密接な関係を持つビタミン
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン
Copyright © 2011-2019 サプリメントの効果・選び方ガイド by Quorico All Rights Reserved.