サプリメントの効果・選び方ガイド
TOP │ 「どのサプリメントを選べばよいのか分からない」という人のためのサプリメント選びお手伝いサイト!
TOP

ビタミンB1 サプリメント

ビタミンB1のイメージ写真

不足しがちなビタミンNo.1 心身の疲労回復に役立ちます

ビタミンB1の効果・効能
ダイエット 記憶力・集中力アップ 筋力増強 疲れやすい・疲労回復 ストレス(イライラ) 眼精疲労
ビタミンB1は体内のブドウ糖をエネルギーに変換する働きがあり、疲労回復、ダイエット、ストレスの緩和に効果があります。また、筋肉痛や脚気(かっけ)の予防などにも用いられます。

熱に弱い性質があり、加熱調理により30%程度は失われてしまうため、欠乏症が最も心配されるビタミンと言われています。

ビタミンB1が不足すると?(欠乏症など)
1日の摂取量目安1.0〜1.2mg
ビタミンB1が不足すると、集中力が落ちたり疲れやすくなります。また、脳や神経のエネルギーが不足するので、イライラしやすくなったりします。

お酒やタバコ、甘いものを好む人、頭をよく使う人に不足しがちなビタミンなので、サプリメントでの補給も視野に入れ、欠乏症にならないよう注意しましょう。

ビタミンB1の過剰摂取による副作用
1日の摂取量上限-
最も不足しやすいビタミンと言われていますので、摂りすぎることはまずありません。サプリメントなどにより摂りすぎてしまっても、すぐ体外に排出されるので過剰症になることは稀です。

ただ、限度を超えると発疹やむくみ、アレルギーなどの症状が出ることがあるようです。

ビタミンB1が多く含まれる食品・食材
(食品100gあたりの含有量)
ドライイースト 8.81mg、インスタントラーメン 1.46mg、豚ヒレ肉 0.98mg、すっぽん 0.91mg、生ハム 0.90mg、青のり 0.89mg、焼き豚 0.85mg、たらこ 0.77mg、うなぎ 0.75mg、ベーコン 0.47mg

効果が望める病気・症状
脚気(かっけ)、集中力の低下、イライラ、手足のしびれ・むくみ、動悸、息切れ、食欲不振など

このサプリに注目した人はこんなサプリにも注目しています
リン 公開・摂取量・食品など
骨や歯を形成し、身体の機能を高めるミネラル
[ 詳細 ]
ビタミンC 公開・摂取量・食品など
美容から生活習慣病の予防までこなすビタミンの王様
[ 詳細 ]
ファイバー(食物繊維) 公開・摂取量・食品など
腸内環境の改善に効果が高い第6の栄養素
[ 詳細 ]

サプリメントの基礎知識・飲み方・注意点・サプリ事情
サプリメント カテゴリ別分類
サプリメント・美容系
美肌
美白・日焼け対策
ダイエット
アンチエイジング
バストアップ・豊胸
サプリメント・能力向上系
記憶力・集中力アップ
筋力(筋肉)アップ
視力回復
サプリメント・お悩み系
育毛・増毛・薄毛対策
口臭
体臭・加齢臭
疲れやすい・疲労回復
便秘解消
不眠(眠れない)
ストレス(イライラ)
胃腸が弱い
ニキビ(にきび)
冷え性
不妊
更年期障害
ED(勃起不全)
身長(低身長)
肥満・メタボ
サプリメント・病気対策系
風邪予防
眼精疲労
動脈硬化
高血圧
低血圧
糖尿病
肝臓疾患(肝疾患)
貧血
花粉症
アトピー
ぜんそく(気管支喘息)
リウマチ
痛風
脳梗塞
心臓疾患(心疾患)
認知症(痴呆・ボケ)
うつ病(鬱病)
癌(がん)
サプリメント・性別・年代別
女性向け
男性向け
妊婦向け
子供向け
中年向け
高齢者向け
サプリメント 人気ランキング
ビタミンAのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
成長の促進、病気の予防や回復に欠かせないビタミン
ビタミンB1のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
不足しがちなビタミンNo.1 心身の疲労回復に役立ちます
ビタミンB2のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
脂質の代謝に優れ、細胞の再生を促す「美容のビタミン」
ビタミンB6のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
特に発育期の子供や妊娠中の女性に欠かせないビタミン
ビタミンB12のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
赤血球の生成を助け、悪性貧血を防ぐ「赤いビタミン」
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン
Copyright © 2011-2019 サプリメントの効果・選び方ガイド by Quorico All Rights Reserved.