サプリメントの効果・選び方ガイド
TOP │ 「どのサプリメントを選べばよいのか分からない」という人のためのサプリメント選びお手伝いサイト!
TOP

ビタミンB6 サプリメント

ビタミンB6のイメージ写真

特に発育期の子供や妊娠中の女性に欠かせないビタミン

ビタミンB6の効果・効能
美肌 育毛・増毛 不眠(眠れない) ストレス(イライラ) ニキビ 花粉症 アトピー ぜんそく うつ病(鬱病) 女性向け 妊婦向け 子供向け
ビタミンB6は皮膚炎などの予防や精神を落ち着ける効果があり、さらに月経痛やつわりの辛さを軽減する作用もあります。脂肪やタンパク質を分解してエネルギーに変えてくれるので、ダイエットにも効果的です。

また、ビタミンB2と同じく健康な皮膚や爪、歯をつくるなどの効果があり、成長期の子供や妊娠中の女性には欠かせません。なお、ビタミンB群は一緒に摂ることで協力し合って作用するため、サプリメントで摂る場合は単品の物ではなく、マルチビタミンやビタミンB群といったものを摂ることをオススメします。

ビタミンB6が不足すると?(欠乏症など)
1日の摂取量目安1.2〜1.5mg
ビタミンB6が不足するとイライラしやすくなり、不眠やうつ病を引き起こす可能性があります。皮膚の健康にも深い関わりがあるので、にきびや口内炎などもできやすくなってしまいます。

また、成長の促進に関与する栄養素のため、妊娠中の女性や成長期の子供に不足すると成長不良につながることもあります。

ビタミンB6の過剰摂取による副作用
1日の摂取量上限-
水溶性ビタミンであり、摂り過ぎても過剰摂取分は2〜3時間で体外に排出されてしまうため、基本的には心配ありません。

サプリメントなどにより長期間、摂取目安量の数十倍もの過剰摂取を続けた場合に末梢神経の痛みなど神経系の障害があったという報告がされています。

ビタミンB6が多く含まれる食品・食材
(食品100gあたりの含有量)
とうがらし 3.81mg、にんにく 1.50mg、ピスタチオ 1.22mg、マッシュポテト 1.01mg、びん長まぐろ 0.94mg、牛レバー 0.89mg、ビーフジャーキー 0.85mg、まぐろ赤身 0.85mg、かつお 0.76mg、鶏ひき肉 0.68mg

効果が望める病気・症状
口内炎、結膜炎、皮膚炎、貧血、イライラ、うつ、不眠症など

このサプリに注目した人はこんなサプリにも注目しています
カテキン 公開・摂取量・食品など
最強の殺菌力・抗酸化作用を持つ緑茶の渋み成分
[ 詳細 ]
アミノ酸 公開・摂取量・食品など
スポーツから美容まで様々な場面で活躍する栄養素
[ 詳細 ]
葉酸 公開・摂取量・食品など
特に妊娠初期の女性にオススメ!血を造るビタミン
[ 詳細 ]

サプリメントの基礎知識・飲み方・注意点・サプリ事情
サプリメント カテゴリ別分類
サプリメント・美容系
美肌
美白・日焼け対策
ダイエット
アンチエイジング
バストアップ・豊胸
サプリメント・能力向上系
記憶力・集中力アップ
筋力(筋肉)アップ
視力回復
サプリメント・お悩み系
育毛・増毛・薄毛対策
口臭
体臭・加齢臭
疲れやすい・疲労回復
便秘解消
不眠(眠れない)
ストレス(イライラ)
胃腸が弱い
ニキビ(にきび)
冷え性
不妊
更年期障害
ED(勃起不全)
身長(低身長)
肥満・メタボ
サプリメント・病気対策系
風邪予防
眼精疲労
動脈硬化
高血圧
低血圧
糖尿病
肝臓疾患(肝疾患)
貧血
花粉症
アトピー
ぜんそく(気管支喘息)
リウマチ
痛風
脳梗塞
心臓疾患(心疾患)
認知症(痴呆・ボケ)
うつ病(鬱病)
癌(がん)
サプリメント・性別・年代別
女性向け
男性向け
妊婦向け
子供向け
中年向け
高齢者向け
サプリメント 人気ランキング
ビタミンCのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
美容から生活習慣病の予防までこなすビタミンの王様
ビタミンAのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
成長の促進、病気の予防や回復に欠かせないビタミン
ビタミンEのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
不妊治療にも用いられる代表的な抗酸化ビタミン
ビタミンB2のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
脂質の代謝に優れ、細胞の再生を促す「美容のビタミン」
ビタミンB6のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
特に発育期の子供や妊娠中の女性に欠かせないビタミン
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン
Copyright © 2011-2019 サプリメントの効果・選び方ガイド by Quorico All Rights Reserved.