サプリメントの効果・選び方ガイド
TOP │ 「どのサプリメントを選べばよいのか分からない」という人のためのサプリメント選びお手伝いサイト!
TOP

葉酸 サプリメント

葉酸のイメージ写真

特に妊娠初期の女性にオススメ!血を造るビタミン

葉酸の効果・効能
胃腸が弱い 動脈硬化 脳梗塞 心臓疾患 癌(がん) 女性向け 妊婦向け 子供向け
赤血球や腸管をつくる働きがあり、ガンや動脈硬化などの予防に効果があると言われています。近年では心臓病や脳卒中への効果も期待されています。

また、DNAの形成や細胞分裂に作用するので、胎児の健康に欠かせなく、妊娠中の女性には特に必要とされています。

葉酸が不足すると?(欠乏症など)
1日の摂取量目安240μg(妊婦440μg、授乳婦340μg)
葉酸が不足すると貧血や十二指腸潰瘍、食中毒のリスクが高まります。また、頭痛やめまい、吐き気など様々な症状が出てくることもあります。

特に妊娠中は胎児や胎盤に優先的に流れてしまい、不足がちになってしまうので、サプリメントなどでの補給が推奨されています。

葉酸の過剰摂取による副作用
1日の摂取量上限1000μg
水溶性ビタミンなので副作用はあまり知られていませんが、上限量を超えると発熱やかゆみ、呼吸障害などが起こる可能性があるようです。

さらに亜鉛が吸収されにくくなったり、ビタミンB12欠乏症の診断を困難にするという報告もあります。通常の食生活で上限量を超えることはありませんが、サプリメントなどを摂っている場合は過剰摂取に注意してください。

葉酸が多く含まれる食品・食材
(食品100gあたりの含有量)
味付けのり 1600μg、鶏レバー 1300μg、抹茶 1200μg、牛レバー 1000μg、豚レバー 810μg、うに 360μg、枝豆 320μg、モロヘイヤ 250μg、パセリ 220μg、ブロッコリー 210μg

効果が望める病気・症状
心臓病、脳卒中、貧血、胃潰瘍、動脈硬化、ガン、十二指腸潰瘍、食中毒、口内炎、舌炎など

このサプリに注目した人はこんなサプリにも注目しています
カテキン 公開・摂取量・食品など
最強の殺菌力・抗酸化作用を持つ緑茶の渋み成分
[ 詳細 ]
アミノ酸 公開・摂取量・食品など
スポーツから美容まで様々な場面で活躍する栄養素
[ 詳細 ]
マルチビタミン 公開・摂取量・食品など
すべてのサプリの基本となるザ・ベーシックサプリメント
[ 詳細 ]

サプリメントの基礎知識・飲み方・注意点・サプリ事情
サプリメント カテゴリ別分類
サプリメント・美容系
美肌
美白・日焼け対策
ダイエット
アンチエイジング
バストアップ・豊胸
サプリメント・能力向上系
記憶力・集中力アップ
筋力(筋肉)アップ
視力回復
サプリメント・お悩み系
育毛・増毛・薄毛対策
口臭
体臭・加齢臭
疲れやすい・疲労回復
便秘解消
不眠(眠れない)
ストレス(イライラ)
胃腸が弱い
ニキビ(にきび)
冷え性
不妊
更年期障害
ED(勃起不全)
身長(低身長)
肥満・メタボ
サプリメント・病気対策系
風邪予防
眼精疲労
動脈硬化
高血圧
低血圧
糖尿病
肝臓疾患(肝疾患)
貧血
花粉症
アトピー
ぜんそく(気管支喘息)
リウマチ
痛風
脳梗塞
心臓疾患(心疾患)
認知症(痴呆・ボケ)
うつ病(鬱病)
癌(がん)
サプリメント・性別・年代別
女性向け
男性向け
妊婦向け
子供向け
中年向け
高齢者向け
サプリメント 人気ランキング
ビタミンCのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
美容から生活習慣病の予防までこなすビタミンの王様
ビタミンAのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
成長の促進、病気の予防や回復に欠かせないビタミン
ビタミンEのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
不妊治療にも用いられる代表的な抗酸化ビタミン
ビタミンB2のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
脂質の代謝に優れ、細胞の再生を促す「美容のビタミン」
ビタミンB6のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
特に発育期の子供や妊娠中の女性に欠かせないビタミン
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン
Copyright © 2011-2019 サプリメントの効果・選び方ガイド by Quorico All Rights Reserved.