サプリメントの効果・選び方ガイド
TOP │ 「どのサプリメントを選べばよいのか分からない」という人のためのサプリメント選びお手伝いサイト!
TOP

大豆イソフラボン サプリメント

大豆イソフラボンのイメージ写真

「食べる女性ホルモン」とも呼ばれるファイトケミカル

大豆イソフラボンの効果・効能
美肌 ダイエット アンチエイジング 疲れやすい・疲労回復 ストレス(イライラ) 不妊 更年期障害 肥満 動脈硬化 肝臓疾患 リウマチ 脳梗塞 心臓疾患 癌(がん) 女性向け 中年向け
大豆の胚芽に多く含まれるポリフェノールであり、抗酸化作用を持ちます。女性ホルモン「エストロゲン」に似た効果があり、若さを保つ作用の他、更年期の体調不良を防ぐ効果があります。

また、カルシウムが溶けるのを防ぐ作用があるため、高齢の女性に多い骨粗そう症の防止に役立つことが知られています。

大豆イソフラボンが不足すると?(欠乏症など)
1日の摂取量目安50mg
大豆イソフラボンが不足すると閉経が始まる前の女性にも更年期障害と同じような症状が出ることがあるようです。

1日を通して血中に一定量を保つ必要があり、1日何回かに分けて摂取した方が効率よく働いてくれるようです。

大豆イソフラボンの過剰摂取による副作用
1日の摂取量上限70〜75mg
サプリメントの説明書きなどには、女性ホルモンが少ないときはその働きを助け、多いときは抑制すると記載してありますが過剰摂取による健康被害の報告がありますので、注意が必要です。

具体的には女性ホルモンのバランスが崩れ、月経周期が遅れたり、子宮内膜増殖症、前立腺ガンなどの病気に罹るリスクが高まる可能性があります。

大豆イソフラボンが多く含まれる食品・食材
(食品100gあたりの含有量)
きな粉 266.2mg、炒り大豆 200.7mg、大豆 140.4mg、凍り豆腐 88.5mg、納豆 73.5mg、煮大豆 72.1mg、味噌 49.7mg、豆乳 20.3mg

効果が望める病気・症状
動脈硬化、脳梗塞、ガン、肥満、骨祖そう症など

サプリメントの基礎知識・飲み方・注意点・サプリ事情
サプリメント カテゴリ別分類
サプリメント・美容系
美肌
美白・日焼け対策
ダイエット
アンチエイジング
バストアップ・豊胸
サプリメント・能力向上系
記憶力・集中力アップ
筋力(筋肉)アップ
視力回復
サプリメント・お悩み系
育毛・増毛・薄毛対策
口臭
体臭・加齢臭
疲れやすい・疲労回復
便秘解消
不眠(眠れない)
ストレス(イライラ)
胃腸が弱い
ニキビ(にきび)
冷え性
不妊
更年期障害
ED(勃起不全)
身長(低身長)
肥満・メタボ
サプリメント・病気対策系
風邪予防
眼精疲労
動脈硬化
高血圧
低血圧
糖尿病
肝臓疾患(肝疾患)
貧血
花粉症
アトピー
ぜんそく(気管支喘息)
リウマチ
痛風
脳梗塞
心臓疾患(心疾患)
認知症(痴呆・ボケ)
うつ病(鬱病)
癌(がん)
サプリメント・性別・年代別
女性向け
男性向け
妊婦向け
子供向け
中年向け
高齢者向け
サプリメント 人気ランキング
ビタミンCのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
美容から生活習慣病の予防までこなすビタミンの王様
ビタミンAのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
成長の促進、病気の予防や回復に欠かせないビタミン
ビタミンEのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
不妊治療にも用いられる代表的な抗酸化ビタミン
ビタミンB1のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
不足しがちなビタミンNo.1 心身の疲労回復に役立ちます
ビタミンB2のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
脂質の代謝に優れ、細胞の再生を促す「美容のビタミン」
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン
Copyright © 2011-2019 サプリメントの効果・選び方ガイド by Quorico All Rights Reserved.