サプリメントの効果・選び方ガイド
TOP │ 「どのサプリメントを選べばよいのか分からない」という人のためのサプリメント選びお手伝いサイト!
TOP

アスタキサンチン サプリメント

アスタキサンチンのイメージ写真

βカロテンの100倍もの抗酸化力を持つカロテノイド

アスタキサンチンの効果・効能
美肌 美白・日焼け対策 アンチエイジング 記憶力・集中力アップ 視力回復 口臭 体臭・加齢臭 疲れやすい・疲労回復 眼精疲労 動脈硬化 高血圧 糖尿病 肝臓疾患 脳梗塞 心臓疾患 認知症(痴呆・ボケ) 癌(がん) 男性向け 中年向け 高齢者向け
アスタキサンチンはカロテノイドと呼ばれる成分の一種です。

カロテノイドは植物、動物、微生物などが持つ黄・赤・紫色などの色素であり、抗酸化作用や抗ガン作用を持つことで有名です。

最近の研究により病気になるとカロテノイドの血中濃度が低くなることが明らかになり、カロテノイドの有用性が注目されています。

アスタキサンチンはカロテノイドの中でもひときわ抗酸化力が強く、ビタミンEの1000倍、βカロテンの100倍もの抗酸化力があると言われています。

更には、目の老化防止や体臭・加齢臭に対する消臭効果の他、脳細胞を活性酸素から守る働きがあり、痴呆症の予防効果もあるとされています。

アスタキサンチンが不足すると?(欠乏症など)
1日の摂取量目安0.6〜2mg(眼精疲労時は6mg)
悪玉コレステロールの酸化防止には、最低でも1日0.6mgが必要で、眼精疲労の回復には1日6mg程度の摂取が効果的です。

悪玉コレステロールが酸化してしまうと血管の内側にこびりついて血液の通り道が細くなり血流が妨げられてしまいます。これを「動脈硬化」と言います。

この「動脈硬化」を防ぐためにもアスタキチンサンに限らず抗酸化作用のあるサプリメントを積極的に摂取するようにしましょう。

アスタキサンチンの過剰摂取による副作用
1日の摂取量上限6mg(眼精疲労時12〜18mg)
アスタキサンチンには過剰摂取による副作用の報告がありません。しかし、どんなに有用な成分で副作用がないと言っても油断はできません。

特に病気などにより、他の薬を飲んでいるような方は、飲み合わせというものが関係してくるため、注意が必要です。

サプリメントの場合は、1日の摂取目安量がそれぞれのメーカーによって決まっていますので、必ず守るようにしましょう。なお、食事のみで許容量をオーバーすることはまず無いので、サプリメント摂取時にのみ気を付ければ大丈夫です。

アスタキサンチンが多く含まれる食品・食材
(含有量の多い食品)
サケの切り身、イクラ、エビ、カニ、オキアミなど(これらの食品の赤色の色素がアスタキサンチン)

効果が望める病気・症状
動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、ガン、肌のトラブル、白内障、認知症など

サプリメントの基礎知識・飲み方・注意点・サプリ事情
サプリメント カテゴリ別分類
サプリメント・美容系
美肌
美白・日焼け対策
ダイエット
アンチエイジング
バストアップ・豊胸
サプリメント・能力向上系
記憶力・集中力アップ
筋力(筋肉)アップ
視力回復
サプリメント・お悩み系
育毛・増毛・薄毛対策
口臭
体臭・加齢臭
疲れやすい・疲労回復
便秘解消
不眠(眠れない)
ストレス(イライラ)
胃腸が弱い
ニキビ(にきび)
冷え性
不妊
更年期障害
ED(勃起不全)
身長(低身長)
肥満・メタボ
サプリメント・病気対策系
風邪予防
眼精疲労
動脈硬化
高血圧
低血圧
糖尿病
肝臓疾患(肝疾患)
貧血
花粉症
アトピー
ぜんそく(気管支喘息)
リウマチ
痛風
脳梗塞
心臓疾患(心疾患)
認知症(痴呆・ボケ)
うつ病(鬱病)
癌(がん)
サプリメント・性別・年代別
女性向け
男性向け
妊婦向け
子供向け
中年向け
高齢者向け
サプリメント 人気ランキング
ビタミンCのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
美容から生活習慣病の予防までこなすビタミンの王様
ビタミンAのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
成長の促進、病気の予防や回復に欠かせないビタミン
ビタミンEのサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
不妊治療にも用いられる代表的な抗酸化ビタミン
ビタミンB1のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
不足しがちなビタミンNo.1 心身の疲労回復に役立ちます
ビタミンB2のサプリメント 効果・摂取量・食品 etc
脂質の代謝に優れ、細胞の再生を促す「美容のビタミン」
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン
Copyright © 2011-2019 サプリメントの効果・選び方ガイド by Quorico All Rights Reserved.